40代、塾講師、会社辞めてアフィリエイト始めるってよ!

40代塾講師が会社を辞め、予算500万円・500日でアフィリエイトで法人化を目指すストーリー

外注さんの「体験」を活かして他との「差異」を生み出したい

アフィリエイトをゼロからから始める、と以前書いたのですが、実際は、2つのサイトを作ってみたことがあります。3年以上前のことです。

 

1つ目は婚活系サイト。

2つ目は自動車の個人売買サイト。

3つ目は女性の美容についてのブログ。

 

1つめのサイトは3年前に作成。都内で開かれる異業種交流パーティや外国人も交えた国際交流パーティ、クラブなどのイベントの体験談を写真も交えてレポートするというものでした。

 

40代のおっさんが、ユナイテッドアローズで全身コーディネートしてもらい、

場違いな場所で、挙動不審+滝汗で大変な思いをしましたが、キレイな女性とお話できたり、ラインで連絡取れたりしたときの、「興奮」が伝わったのか、ポツポツ婚活お見合いパーティの売り上げがあがっていきました。

 

ただこれは長くは続かず、マンモススクールへの異動、直属上司が会社の役員という激務な環境に変化し、夜の勉強会への参加に足が遠のくとともに、ブログの更新も途絶えてしまい現在に至っています。記事数は60記事程度。

 

2つ目は、塾講師時代、激務で休む暇がなく、お金が自然にたまっていった時期に、箱根ですれちがったイギリスの車に一目ぼれ。ネットで調べると、ロータスエリーゼという車だと判明。かなり分不相応な車でしたが、現金一括でご購入しました。

 

購入して3年がたったころ、一人のアフィリエイターに出会い、そのエレガントな生活に感銘をうけ、私もアフィリエイトで独立したいと思うようになり、売却を検討することになりました。

 

ただ、購入時の金額と買取業者が提示する金額にものすごい開きがあり、納得できる販売価格ではありませんでした。どうすればいいのか?検討したところ「個人売買」という方法にたどりつきました。個人売買を成功させ、100万円以上、高く売れた経験をもとにサイトをつくりました。

 

記事数は70記事程度です。ある検索キーワードで1位をとることができ、アクセスは安定しています。アドセンスでいくらか報酬がでていますが、今後は記事更新とともに、ランディングページをつくり、「個人売買」のサイトを紹介して収益をあげてゆきたいと考えます。

 

最後の美容系のブログは、アフィリエイトをやるにあたって最初に購入した教材、「ネットビジネス大百科」に影響をうけてはじめました。木坂健宣さんと和佐大輔さんの講義の中で出てくる言葉、「ハーティング(痛み)」を意識しました。

 

ハーティングの度合いが高い人ほど購入予定者になりやすいという方法論から、ヤフー知恵袋などを読んで、同じ悩みを持つひとたちのフック(心にひっかかることば)を探して、記事を作成しました。

 

関連する女性向けの雑誌や漫画などを参考にしたり、女性に直接意見を聴くなど、今後に役立つ経験をすることができました。しかしながら、方法論に偏り、「体験」をおざなりにした結果、私が作成する記事が他のサイトの記事と似通ったものばかりになってしまいました。他との「差異」がなくなったことで、自分のブログに興味が失せて挫折。更新が途絶えています。記事数は30記事程度。

 

誤解をさけるために申しますと、ネットビジネス大百科は素晴らしい教材であり、失敗の原因ではありません。ランディングページを作成する、ノットリードの壁を超える方法、コピーライティング、ネットで稼ぐメンタルを伝えてくれる素晴らしい教材であることをここで強調させてください。

 

以上の経験で、わかったことは「体験」こそが他者との「差異」につながるということです。「差異」こそが生き残りのカギであると思います。

 

自分の10年にのぼる塾講師の経験、とりわけ、4回の転職を経て、年収アップをしてきた事例を赤裸々に述べて、塾講師を経験するベネフィットを軸に、マネタイズすること(転職サイトへの誘導)が今後のとりかかるべき仕事になると思います。

 

法人化するには、収益をあげることが大前提なので、外注さんの「体験」を活用して、記事数を増やし、一つサイトが成功したら、水平展開、垂直展開して、サイトの数を増やしてゆきたいです。